1. HOME
  2. 場所
  3. 下道で行ける、香芝SA(下り線・名古屋方面 編)
場所

下道で行ける、香芝SA(下り線・名古屋方面 編)

場所

53

こんにちは。
日々、バイクに乗って市内を撮影しまくっているフォトグラファー修行僧、Cassiva(カッシーバ) 編集長のナカムラです。

最終回となる今回は、香芝SA(下り線)をご紹介します!

こちらのSAは大阪方面から香芝に戻ってくる際に、「寄ってみようかな?」と思うけど、「どうせすぐ出口だし」という理由でスルーされてしまう場所なのでは無いでしょうか?

今回も下道からやってきました。

※下道での行き方は以前の記事で紹介しています。

山道を進み、暗いトンネルを抜けるとそこは香芝SA(下り線)。
上り線と違って、こちらには車が数台停められる駐車場があります。
SAのすぐ脇なのでとても便利です。

下り線のSAはとても広く、2つの建物に分かれています。
敷地も各お店の広さも上り線の2倍くらいあるのでは?

香芝SA(下り線) 西館

まずは高速からSAに入ってすぐの西館をご紹介します。

西館にはお店が2つあるのですが、関西では4店舗ぐらいしか無い天丼専門店「てんや」があるんです!
関東出身の私にとっては馴染み深く、このためだけに香芝SAに行くことがあります。

ご当地メニューとして「ヤマトポーク天丼」があったりするのがちょっと嬉しいです。熱々の味噌汁も外せません。

そしてお隣は24時間営業のコンビニ「ファミリーマート」があります。
最近のSA・PAにコンビニ増えましたよね。

大阪みやげや天理スタミナラーメンなども販売しているのがちょっとおもしろいです。

また、店内ではイートインスペースもあります。
空調が効いた店内で休憩ができるのが嬉しいです。真夏はともかく、真冬にバイクで移動すると本当に凍えるんです…

香芝SA(下り線) 東館

高速からSAに入った奥側にあるのが東館です。
こちら側がメインのようで、お土産などが売っているエリアとフードコートエリアに別れています。

お土産エリアには大阪・神戸・奈良土産が所狭しと並んでいます。
各地のSAで見かけるご当地キティちゃんグッズや謎のお土産など見ているだけでも旅行気分を味わえます。

香芝SAと岸和田SAでしか買えないお土産「オオサカアップリコ」が買えたりもします。

フードコートエリアには3つのお店が入っています。
洋食「香芝亭」・らーめん「二上軒」・麺、定食「どんづる庵」と、ガッツリご飯も、軽く食べるもできる便利なフードコートです。

入ってすぐの食券販売機さんが全力で「香芝SAにようこそ」とお迎えしてくれます。

向かい側には「Forest Side Cafe」があります。
スイーツに力を入れているお店でソフトクリームやパンケーキなどがあります。カフェの外側にテラス席もあるので、豊かな自然を眺めながら一息入れるのもいいですよね。

香芝SA(下り線)には、近場では味わえない料理やスイーツが楽しめる場所です。近場のお店もいいですが、いつもと違うご飯を食べに行ってみてはいかがでしょうか?