1. HOME
  2. 場所
  3. 旭ヶ丘の片端にある小さな公園「旭が丘東公園」を360°カメラで撮影してみた。
場所

旭ヶ丘の片端にある小さな公園「旭が丘東公園」を360°カメラで撮影してみた。

場所

34

こんにちは。
日々、バイクに乗って市内を撮影しまくっているフォトグラファー修行僧、Cassiva(カッシーバ) 編集長のナカムラです。

Cassivaの記事を書くために、Googleマップを眺めることが多くなりました。
中でもお気に入りなのが、Googleマップには「Google ストリートビュー」という機能があって、世界中の道路沿いの風景をパノラマ写真(360°の写真)で見ることができます。

このパノラマ写真は「グーグルカー」と呼ばれる車の上に全天球カメラを備え付けて、車が入れる道であればほとんどの場所を撮影しています。

Photo by Kawasaki ichiro

私が住んでいる旭ヶ丘エリアでもグーグルカーを見かけることがあるのですが、車が入れないところのパノラマ写真は見ることができません。

青い線のところしかストリートビューで見られないのです。

でも、稀に細い道の先やお店の中がパノラマ写真で見れることがあるんです。

なぜそんなことがあるのか?

理由は簡単で実はGoogleマップは個人でもその場所の写真や史跡などの情報を登録できるんです。

パノラマ写真もその一つ。ちょっとした機材があれば私でも撮影して投稿できます。

そこで最近手にいれたRICHOさんが出している全天球カメラ「Theta」を使って、まだ誰も撮っていない旭ヶ丘の片端にある小さな公園「旭が丘東公園」を撮影してみました。

自分が撮った写真がGoogleマップで見れる!感動です!!

この公園は場所が住宅街の奥なので、あまり人が来ない公園なのですが、春になると見事な桜が咲く、お花見の隠れた名所です。

しかも、高台にあり東側が開けているので朝日が登る時間帯にはとても美しい風景が現れる素敵な公園なんです。

秋も深まり、のんびり散歩をしやすいシーズンになってきたのでGoogleマップやストリートビューを使って下調べしてから現地に行ってみるのも楽しいと思います。