1. HOME
  2. 場所
  3. 二上山が一番綺麗に見える場所
場所

二上山が一番綺麗に見える場所

場所

245

こんにちは。
日々、バイクに乗って市内を撮影しまくっているフォトグラファー修行僧、Cassiva(カッシーバ) 編集長のナカムラです。

香芝のシンボルといえば二上山(にじょうざん)ですよね。
せっかく香芝に住んでいるのだから、一度くらいは二上山を撮ってみたい。
市のパンフレットに載っているような写真はどうやったら撮れるの?

撮影:堀 純一 氏

詳しい人にお話を聞いてみようと思い、「二上山を愛する会」代表の堀 純一さんにお話を伺いました。

ナカムラ:「いきなりですが、二上山ってどこから撮るのがお薦めですか?」

堀さん:「二上山は、その名の通り雄岳と雌岳が寄り添って並ぶ姿が美しい山ですよね。香芝市内からですと南側の鎌田や良福寺あたりから撮るのをお薦めします。」

ナカムラ:「堀さんが撮影された二上山はどれも美しくて素敵です。こんな写真を撮るにはどんな時期や時間がいいのでしょうか?」

堀さん:「実は、今の季節がいいんですよ!梅雨時期の晴れた日、その日没前後がお薦めです。撮影していると、日が沈んでしまってすぐに帰ってしまう方も多いのですが、もうちょっと粘っていると驚くような風景に出会えることがあります。」

撮影:堀 純一 氏

ナカムラ:「マジックアワー(※1)狙いですね!」

堀さん:「そうです。千股池(ちまたいけ)からマジックアワーを狙って撮ると、二上山と夕焼けが水面に写り込んだ幻想的な風景が撮れるんですよ。鎌田には溜池が結構あるので、いろいろと探索してみるといいと思いますよ。」

撮影:堀 純一 氏

ナカムラ:「なるほど、二上山を撮るなら香芝の南側。千股池を中心に探るのがいいということですね。」

堀さん:「二上山は春分と秋分の日前後に鞍落ち(くらおち)といって、雄岳と雌岳の真ん中に太陽が沈む日があります。この日に撮影するのも楽しいと思いますよ。ただ、この日のために多くのカメラマンが集まるので千股池周辺はすごいことになりますが….」

撮影:堀 純一 氏

ナカムラ:「こういう時にバイク乗りで良かったとつくづく思います(笑)」

堀さん:「この千股池周辺ですが、二上山を背にすると美しい田園風景があります。田んぼに水が入った今の時期、朝焼けに染まる水田を見ることができますよ。近鉄線も通っているので電車と一緒に二上山が撮れるとても良い場所です。」

撮影:堀 純一 氏

ナカムラ:「最後に、二上山を撮るコツを教えてください!」

堀さん:「コツというほどではないのですが、自然相手なので思うような風景に出会うことが難しいです。でも、それも自然を撮る楽しみですので、何度も行って、じっくり撮影するのがいいと思います。」

気づいたら2時間以上、堀さんと市内の撮影スポットや機材の話で盛り上がったのですが、香芝にはまだまだ知られていない場所があることに改めて気付かされました。

堀さんのブログには奈良の撮影スポットなどがまとめられているので写真を撮るのが好きな方はチェックしてみると、新しい発見があると思います!

horibonpapaのブログ
https://blog.goo.ne.jp/horibonpapa

堀さんから教わった穴場スポット旗尾池から見る二上山 撮影:堀 純一 氏

私も、仕事の合間を縫って、もっと撮りに行かねば。

筆者撮影、頑張った撮影結果

※1 マジックアワー
マジックアワー (magic hour) 、マジックタイムは、日没前、日の出後に数十分程体験できる薄明の時間帯を指す撮影用語で、光源となる太陽からの光線が日中より赤く、淡い状態となり、色相がソフトで暖かく、金色に輝いて見える状態である。(Wikipediaより)