1. HOME
  2. 人物
  3. レースメカニックへの挑戦
人物

レースメカニックへの挑戦

人物

50

こんにちは!下田で自動車整備をしている、さとしです。

僕は普段皆さんが乗っておられる自動車を整備するのが仕事ですが、今年からレースメカニックへの挑戦を始めました。

レースに使う車は、一般に販売されている車をベースにブレーキを強化し、タイヤをサーキット専用のタイヤに交換したりと、レースのルールに合った仕様に変更して使います。

レースメカニックの仕事は、公道を走る車もサーキットを走る車も何一つ変わりはありません。
普段の自動車整備の仕事と同じ「安全第一」で整備することです。

大きな違いは、正確な整備の他に1㎜単位の調整を「限られた時間の中」で、より正確に変更するという作業が付随します。

どの工具箱にどんな工具がありどの位置に置くか?
車はどの部分から整備していくか?
頭の中でシミュレーションしてレースに挑みます。

先月、レースメカニックとしての初仕事を宮城県のSUGOサーキットで行ってきました。

レース中に天気が凄く荒れて、晴れ🌞→雨☔→キリ🌁と、状況が刻々と変わる中、天気・路面の状況にあわせてタイヤの空気圧を変更したり、ちょっとした内容を変更したりと、現場作業はシミュレーション以上でした。
(同行した人から頭から煙出てるぞ~って)

残ながらレースは途中視界不良の為中止になってしまいましたが、次回は大分でレースがあるので、シミュレーション通りに動けるようにがんばります。

さて、仕事の話はここまでで、地元の秋の風物詩の案内です。
10月16日金曜日 近鉄下田駅北側ある鹿嶋神社の宵宮祭りがあります。
夜の神社は奇麗なので是非見に来てください。