1. HOME
  2. 生活
  3. いざというときの消防水利【防火水そう編】
生活

いざというときの消防水利【防火水そう編】

生活

103

先日消防団で防火水槽の点検がありました。

実はこの防火水槽、街の中にたくさんあります。
なぜならその設置基準が国で定められているからです。

防火水槽に限らず、消火栓や井戸、河川など消防水利と呼ばれるものを約100~140m間隔で設置しなければいけません。

なので、みなさんの周りにも「消火栓」や「防火水そう」と書かれた看板をよく目にするはずです。

普段は意識する必要はありませんが、火事や地震などで火災が発生したときには
基本的にこの「消火栓」や「防火水そう」から水利を確保して消火活動をします。

みなさんのお家から一番近くの「消火栓」や「防火水槽」はどこにあるか知ってますか。

使う・使わないに関係なく、一度その場所は知っておいて損はないと思いますよ!!

以上、現場から「いぐち」でした~~~